メニュー

カレンダー

<< 2017年12月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

新着記事

カテゴリ

過去ログ

記事検索

検索語句

リンク

2014年01月28日

スピナベ

1013229_586874028059297_1722986268_n.jpg
プロト製作進んでます!!!
開発コード:WB-11

試してみたい事は全てやってみる!

沢山のプロトから答えを導き出して
良いものにしたいです!!!

1510786_586874411392592_924911683_n.jpg
寒い冬の夜ですが、
気持ちは熱く!
ルームズランク ブログ村 バスショップナイル
posted by +ROOMS' at 23:51 | NEW ITEM

2013年12月24日

ワイヤーベイト

寒い冬の夜、、、
熱い鉛と戦っています!

ルアーを作り始めた頃から、
色んな事を試してきたワイヤーベイト。

ようやく方向性が見えてきました。

1488175_567197316693635_622632526_n.jpg


シンプルなものほど
奥が深く、難しい。。。

「+ROOMS'が作るとこうなります」を具現化出来そうです!!!

ルームズランク ブログ村 バスショップナイル
posted by +ROOMS' at 01:42 | NEW ITEM

2013年12月20日

RIOTとは#02

引き続き、「RIOT」について。

このルアーの最大のコンセプトは、
ゆっくり一定層を引く事。

普通、このような巻き巻き系のヘッドは、
ボートでも、オカッパリでも、
キャストして、着水点から巻いてくると、
ゆっくりと水面方向へ上昇してくる。

スピナーベイトなんかも浮上能力があるので、
少しずつ水面へ引っ張られる。

出来るだけゆっくりと同じレンジをキープする為に、
ヘッド中央上部に水を受けれる場所をデザイン。

IMG_0336.JPG
この四角いヘッドが「RIOT」の性格を決めています。

ここで水を受けることにより、
上昇を抑え、よりタイトなフィーリングを可能にしています。
ルームズランク ブログ村 バスショップナイル
posted by +ROOMS' at 01:53 | NEW ITEM

2013年12月17日

RIOTとは#1

「塊」ブースで初披露となった「RIOT」

お取扱店さまへのデリバリーはもう少し先になりますが、
どんなルアーなのか???を説明していきたいと思います。

IMG_0324.JPG
上:プロトモデル
下:販売モデル

テスト段階では、デザイン面は極力シンプルにと思っていましたが、
最終的に必要な表面積を確保するため、彫りを加えました。

ルアーデザインする際、他のルームズルアーも同じで、
僕の感覚から必要とする表面積を割り出し、必ず目標値を超えるようにしています。

空気の何百倍もの質量(粘り気)を持つ水の中では、
直接触れ合う面積の数値はとても重要になって来ます。

「どこのレンジをトレースしたい」とか
「沈下速度をどの程度にしたい」とか
色々とセッティングを考えていく訳ですが、僕の場合は、
大前提にルアー本体と水が触れ合う面積(時間と量)をどの程度に設定するか?ということを
考えています。

その上で、その他のセッティングを決めていきます。
ルームズランク ブログ村 バスショップナイル
posted by +ROOMS' at 02:40 | NEW ITEM

2013年10月18日

シリコンラバー

P7141557.JPG
塊ブースでリリース予定の「RIOT」。

写真は、最終プロトですが、
販売モデルは、最後の最後にもう一度見直し、
水の抵抗、沈下速度などを改良。

結局、デザインの変更も含めて、
マスター原型を彫り直し、シリコンモールドを
作り直しました。

どのモデルでも、最後の調整が最もエネルギーを必要とします。
「これで良いかなぁ・・・」
「ここをもうちょっと・・・」
などなど、
どこで線を引くかの戦いなのです。

そんな中、「RIOT」用に
オーダーしていたシリコンラバーが大量に届いて、
テンションあがりました!!

PA181870.JPG
このルアーには欠かせない大事な大事な
シリコンラバーです!

現在は、色々な形状のラバーが出回っていますが、
「RIOT」にはオーソドックスな形状のラバーを採用しています。

ただ、カラーはツートンカラー。
そしてラメ入り。

理由は、テストした結果、基準を満たす釣果が得られたからです。

水の色や太陽光の量、プランクトン濃度等、色々と
分析すればもっと科学的に説明できるのでしょうが、
僕にはそんな難しい事は良く分かりません。

ただただ、フィールドにて魚の反応を見ながら
感じた直感だけが頼りな訳です。

PA181872.JPG
ラバーのカラーは、
3パターン。

基本的には水の色に合わせて使い分けて頂けるようセレクトしています。

ちなみに、地元、東播野池群では、
チャート+スカッパノン系カラーのトレーラーの組み合わせが
GOODでした。

是非、皆さんのフィールドでも試して頂きたいです!!!
ルームズランク ブログ村 バスショップナイル
posted by +ROOMS' at 01:23 | NEW ITEM