メニュー

カレンダー

<< 2017年05月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

新着記事

カテゴリ

過去ログ

記事検索

検索語句

リンク

2011年02月14日

レッド兄弟

春は「赤」とよく耳にします。

なんで赤なのか???はさておき、
+ROOMS'のカラーチャートにある赤色を説明します。

ほとんどのアイテムに採用している、
「ファイアーレッド」
P1100007.JPG

そして、
元々は、僕のシークレットカラーだった
「ハンティングレッド」
PB230005.JPG

赤系はこの2色な訳ですが、
この色の使い分けを良く質問されます。

それで、皆さん言われるのが、
濁ったところに「ハンティングレッド」で、
クリアーに近いほど「ファイアーレッド」ですか???と。。。

絶対的な正解はないのですが、、
僕がこの2色を作る意図としては、
逆なんです。

濁ったところに「ファイアーレッド」。
クリアーや弱ステインに「ハンティングレッド」。


その理由は、
魚の目は赤色を認識しづらいと僕は考えていて、赤は恐らく黒よりも黒いというか、
シルエットとしてはハッキリするが、鮮やかさはなく、どちらかと言えば、
岩などに同化しやすい色だと思うんです。

海釣りをされる方はガシラやアイナメなどの根魚が赤いことをよくご存じかと思いますが、
人間から見ると赤く鮮やかな色が魚にとってはこの上ない保護色となっているのです。

そう考えているので、
濁りがあるところでは、シルエットを出来る限りハッキリと出せる
「ファイアーレッド」の方が効果的。

「ハンティングレッド」のシルバーの塗装はキラキラさせるためのものではなく、
赤のみのボディではシルエットが強すぎるのをぼかすためのものなのです。

ですから、水の透明度が上がるほど「ハンティングレッド」の使用頻度が高くなります。

クリアーなところでの赤はハッキリしすぎてバレバレになってしまい
バイトの確立を下げてしまいますから、少し和らげてくれるシルバーの塗装が
とても重要になって来る訳です。

シルバーはキラキラのフラッシング効果だけではないのだ〜!

こんな事を想い出しながらこの2色を使い分けて頂けると嬉しいです!
ルームズランク ブログ村 バスショップナイル
posted by +ROOMS' at 02:24 | 雑談

2011年02月09日

SUNSET

僕の愛機である

「GIBSON ヒスコレ‘57」
P2090053.JPG

昔ほど指は動かないけれど、
すごく練習したのを想い出しました。。。。。

しっとりとまた弾きたくなる夜です。

Gary Mooreはやっぱり僕の中のギターヒーローの一人です。



本当にいい楽曲を届けてくれて有難うと言いたいです。

ルームズランク ブログ村 バスショップナイル
posted by +ROOMS' at 01:17 | 雑談

2011年01月27日

何か住んでる???

ドーハの悲劇再びかと思ってしまいましたが、
PKでの日本代表に感動しました!

さてさて、
1月ももう終わろうとしていますが、
遅ればせながら、お世話になっております、
ナイル京橋店」さまへ新年のご挨拶へ行ってきました。

いつもあたたく迎えてくれる竹内さんには感謝感謝です。

で、いつものようにたわいもない話しをしていると、
リールの話しになり、

僕「ずぅ〜〜〜と放置していたTD−Z久しぶりに使おうかなと思ったら全然廻らないんですよね〜」

竹内さん「ベアリング換えてみたら?」
僕「全くメンテしてないんで、開けたら何か住んでるかもしれないですよ(笑)」
竹内さん「見てあげるから持ってきて」
僕「え??マジで見てくれるんですか??」
竹内さん「いいよ、ベアリング換えてあげるよ」

というわけで、
ガサツな僕にはありがたい方向に話は進み、
竹内さんの手によってクリーニング&ベアリング交換してもらえて、
TD−Zは蘇りました。
その様子を写真撮っとけばと、、、このブログを書きながら思ってしまいました。。。。

やっぱりメンテは大切ですね。
今使っているリールは7台。
シーズンインするまでにメンテして使いたいと思います。

竹内さん本当にありがとうございました!!


2011-01-27 00.38.11.jpg
メインで使っているコンクエ100DCもいいリールですが、
TD−Zもまだまだ現役です。
ルームズランク ブログ村 バスショップナイル
posted by +ROOMS' at 01:13 | 雑談

2011年01月25日

低水温期

寒い日々が続いていますが、
皆さん釣りに行かれているでしょうか???

去年に比べて、この冬はホントに寒い日が多い。

早朝の野池でほぼ凍結なんていう光景も見慣れてきました。

さてさて、
野池の表層水温が氷点下から3℃程度になるこの時期、
11月、12月に比べて釣りやすいという話しを耳にしますが、
これは本当なんでしょうか?

フィールドに立つと、
とてつもなく寒い。。。。この季節。

水温が4℃〜9℃くらいの時期に比べて、
魚の居場所はかなり絞りやすくなります。

野池の場合、ビックレイクやリザーバーに比べて
魚が越冬出来るポイントは絞りやすいので、3年も通えば見えてくる。

そのここだ!というところへ
何をキャストするか???が重要なわけですが、
僕の冬の釣りは2種類。

1つは、静と動がハッキリと出せるハードルアー。
ルームズルアーの中では、
「A.O.I雷神」のシンキングチューンです。
P1240011.JPG
ジャークでイレギュラーダートをさせた時の瞬発力と
シンキングでステイさせた時の差が明確に出せる。
さらに、ダート時に頭下がりになったり、
お尻下がりになったりと姿勢が一定でなく、
シルエットを変える事が出来る。
これは、重心移動の為に内臓されているシンカーが
どこにもロックしないように入れてあるからなんです。
この止めた時のシルエットが大切で、
バイトぼ確率を上げて行けるシルエットを目指して、
設計してあるんです。

「A.O.I雷神」の実物を見られた事のない方は
是非見て頂けると幸いです。


ルームズランク ブログ村 バスショップナイル
posted by +ROOMS' at 02:52 | 雑談

2011年01月22日

ミーハー。。。

P1220016.JPG
少し前から気になっていたロッド。
この写真で分かる方もおられるのでは。

P1220021.JPG
このシンプルな雰囲気はかなり好き。
1本所有している、アブガルシアの「VENDETTA Factory Tuned」に似ていて、
使ってみたいなぁと思ってました。

やっぱり性格上、、、
気になったものは自分で使って、自分の目で確かめてみたいのです。

周りから、
ミーハーと言われても、
どんなものかキャストして、魚掛けて、
やりとりしてみて、確かめたい。

というわけで、
いつもお世話になっているナイルさまへ行って買ってきました。

P1220014.JPG
KVD SIGNATURE SERIES
KVDC666MHC

振った感触はというと、
超センシティブという感じではなく、
少し大味な感はあるものの、
取り回しやすい軽さで、
しっかり振りぬけそう。
野池のオカッパリも、ボートの時も使える
ヴァーサタイルなロッドだと思います。

このロッドが気になった方は、
詳しいスペック等、掲載されていますので、
「バスショップナイル」さまホームページにて
確認してみてください↓↓↓

http://bass-nile.com/?pid=26232086

今年は色んなフィールドに行ってこのロッドでも楽しみたい!
ルームズランク ブログ村 バスショップナイル
posted by +ROOMS' at 01:28 | 雑談